ボタン、入荷しました。

フランスから、古いボタンが届きました。

1950年~1980年代頃の古いボタンが、沢山届いています。
ほとんどガラス製のボタンで、可愛いものばかりですよ♪

本日、その一部をHPに掲載しました。
TUBINOの糸などもUpしましたので、ご覧いただけましたら嬉しいです。


今日掲載できたボタンはほんの一部で、まだまだたくさん届いていますので、
少しずつですが、HPに掲載していきたいと思います。



以前にも入荷したことがある、このキラキラ輝くボタン。
今回も、入荷することができました。
前回は、半透明のガラスのみでしたが、今回は4色、入荷できました。
数日で売り切れてしまった人気のボタンでしたので、今回は、事前に入荷のお知らせをさせていただきます。

あさって、12月23日の16時頃に、web shopminnecreemaの3箇所に掲載します。

掲載箇所によって、多少時間差があると思いますので、ご了承ください。
ご希望の方は、チェックしてみてください(*^-^*)


他に、チロリアンテープや、フェルナン・ナタン社のスタンプなど、届いています。
掲載まで今しばらくお待ちいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。  


お菓子のキーホルダー

久しぶりに、フランスの古いキーホルダーの写真をUpしてみました。



棒付きキャンディの形のキーホルダー。
スケルトンの具合など、本物のキャンディみたいです。
このシリーズ、形や色が、いろいろなバージョンがあります。

今回、3個入荷できましたので、3個、HPに掲載しました。
今回入荷のタイプの内訳は、形が2種類、色は3種類です。

今までにも何度か入荷したことがあるのですが、
見る度に、全色揃えたくなってしまいます。


このキーホルダー、可愛いのですが、プラスチックで、棒の部分が細いため、
結構破損しているのを見かけます。
フランスから届いたダンボールを開けて、
初めて見る色だ♡ と喜んで手にすると、
棒の部分が折れていたり。。。

蚤の市でキーホルダーの山の中から見つけた時も、
結構な確率で、棒が折れています。。。

ですので、無事に届いたキーホルダーは、無事にお届けしたい!といつも思うのです。




一気に寒くなりましたね。
風邪をひかないように、気を付けたいですね。
『野らフェス』、晴れますように。。。





**イベントのお知らせ**

『野らフェス』
2016年11月20日(日)
10:00~15:00

福島県いわき市添野町桑木町52
0246-62-3467

野らぼうさんのHPはこちらから。
  


空目



今日、たまたま目に入ったフランスのピンズです。

Caisse d'Epargne(ケス・デパルニュ)、フランスの貯蓄銀行のロゴピンズです。
このピンズは1990年代に配布されていたもの。

フランスでも街中を歩いていると、この看板をよく目にします。
赤いので、よく目につくのかな?

小さい頃に、日本人は赤に目がいくと、実験していた番組を見た記憶があります。
当時の実験では、スーパーの売り場で、視点カメラ?(どこを見ているかがわかるカメラ)を装着した日本人と欧米人の視点を比べ、何色を多く見ているのか、検証していたと思います。
結果は、先にも書いたように、日本人は赤、西洋人は青と黄色に多く視線がいっていました。

日本では郵便局のカラーは赤、フランスのLA POSTEは黄色のカラー。
目立つカラーは、国によって差があるのでしょうかね(*^-^*)
小さい頃のテレビの記憶ですし、個人差や国によって、違いがあると思いますが、そんな記憶が今でも残っています。


話が逸れましたが、日本人だからか?、赤の看板がよく目に留まるのです。
フランスの映画でも街中が映っている時、この看板をよく見つけます。
私、仕事のクセなのか、フランスの旅番組や映画などを見ていると、背景や小物類を見ていることが多いのです(・ω・;)
この看板見たことないよ、という方は、フランス映画を見た時にでも、探してみてください^^

この看板、パッとみると、『毛ガニ』に見えませんか?







こんな風に。。。(*´艸`*)

私も、毛ガニに見えるという話を聞いてから、毛ガニにしか見えなくなってしまいましたが、毛ガニの正体はリスのキャラクターなのです。



1991年にロゴが変わるまでは、とても可愛いリスさんでした。


こんな風に。。。

このリスさんのキーホルダー、いろいろなタイプがあり、過去のブログでも写真を掲載したことがありますので、気になる方はこちらをご覧ください^^

個人的に、昔のリスさん方が断然に良いと思うのですが。。。
現在のロゴはリス感が薄まってしまったような。。。

そして、私や、見える人にとっては、リスどころか、毛ガニに見えてしまうのです(^-^;)
  


変わらないもの



今日の写真はマテルネのコンポートとそのキーホルダー。

このコンポートは、古いものではなく、日本のスーパーで現在販売されているもの。
数年前から、近所のスーパーで売られているので、目にされている方もいらっしゃると思います。
手前のキーホルダー2個は、1960~1970年代頃のものです。
片方はフィギュアタイプで、もう片方は金属製のプレートタイプ。
当時、マテルネ社が販売促進用に作り、配っていたものです。

吸収合併したり、廃業したりと、企業にもそれぞれいろいろな歴史がありますが、こうして今現在も存在を知ることができると、嬉しくなったりします。

瓶の形も変わらず三角形。
ずっと前から変わらずにこの形なのね、と、手に取ってキーホルダーを思い浮かべました。

こうして見比べてみても、当時のキーホルダーには、力が注がれていた事が分かりますね。
とても丁寧に作られていると思います。
金具を外して、飾っておいても可愛いです。

materne(マテルネ)社のコンポート、キーホルダーだけでなく、当時の企業広告もとても可愛いのです。
まだ入荷したことはありませんが、個人的にも集めたくなってしまうほどの可愛さ。。。
いつか、機会があれば、入荷して、ご紹介できたらと思います。  


入荷のおしらせ

一期一会。

蚤の市を見て回るとき、『素敵だなぁ、でもちょっと高いなぁ』、と思って後回しにすると、『やっぱり買いたい』と思ったときには、もう売り切れていたり。
蚤の市に限らず、普段の生活の中でも、そういったことがあります。

フランスから何週間もかけて日本へやってきた雑貨たち。
自分が特に可愛いなと思っていたものが、誰かのもとへ旅立っていく時には、ほんの少し寂しい気持ちになる時もあります。
でも、気に入って注文して頂いて、お客様の元で大切にしていただけると考えると、それ以上に嬉しい気持ちになります。

ふと、ちょっと前に撮影した写真が目に留まると、そんな事を考えてしまいます。




絵本から飛び出してきたような可愛いデザインのキーホルダー。
メタル製のキーホルダーは、渋めのものが多いけれど、
こういった可愛いものも、あります。
このキーホルダーは、お客様のもとへ旅立っていきました。
気に入っていただけているといいな(*^-^*)



タイトルの入荷のおしらせについてですが、フランスからカフェオレボウルがいくつか到着しました。
ここ最近、フランスからの荷物で割れて届く率が上がっていたのですが、無事に到着してくれて一安心。
カフェオレボウルは青系のカラーのものが届いています。
すでに写真の撮影は済んでいますので、来週にはweb shopへ掲載できる予定です。


そして、今後、到着予定のカフェ雑貨。
こちらは、届いて開封してみないと、web shopへ掲載できるかどうか、判断がつかないのですが。。。
MARTINI、st.Raphael、CAMPARI、VICHY、ORANGINAなどの灰皿。
PASTIS DUVAL、st.Raphaelのカラフェ。
PERNOD45のプラスチック製ピッチャー、青・オレンジ各1個。
・・・が到着予定です。

その他にAIR FRANCEの小皿、万年カレンダー、活版スタンプやディスク型のスタンプなども到着の予定です。

届いた際、割れていないか、販売できるコンディションか、などを見て、上記の商品がすべてご紹介できるかどうか分かりませんが、一応、記載しておきます。

灰皿などの在庫がだいぶ減ってしまいましたので、今後、また入荷していきたいと思っています。
カフェ雑貨ファンの方、商品のご紹介まで、今しばらくお待ちください(*^-^*)