ついにきた。

ついにこの日が来てしまいました・・・。

先日、記載したこちらの記事のように、荷物が届くと、緊張します。

今回、ダンボールを3箱受け取り、その中の1箱が、
ダンボールにすでに凹みと歪みがあり、嫌な予感がしました。



『アビニョンの橋の上で』のグラス

(*´;ェ;`*) うぅ・・・





(´;ω;`)ウゥゥ・・・

掲載しませんが、もう一つ、割れていました・(つд`。)・。
1950年代のフランス製のグラス。
モン・サン=ミシェルのものはガラスが若干ピンク色で、
本当に可愛いグラスで、個人的にも欲しいものでした。

ガラスや陶器製品は、覚悟して注文してはいるものの、やはり心臓に悪いです。
  


ビアグラス

フランスから届いたビアグラス。



フランスのビール、Kronenbourg(クローネンブルグ)のPUB。
1950~1960年代頃のものです。
『biere se dit』○○でビールは”...”という、シリーズ。
ストレートではない、ちょっと丸みを帯びた形のグラスに、
口の部分には金色のペイントが施されていて、素敵です。
そして、何より、イラストが可愛いです。
そして、文字のフォントも。

グラスの高さが12cmのものと11cmのものがあり、
ギリシャとイギリスは11cm、その他の国は12cmのものが入荷できました。



日本もあります。
和服が素敵。
・・・でも、全体的な身体のバランスが悪いような?
下駄の高さも考えると、すごく短足のような。。。笑
ストレートに日本の特徴を表しているのは、たまたまなのか、それとも。。。
このアンバランス感に、なんともいえない愛着心がわきます。

このシリーズ、今回入荷できたのは9ヶ国分ですが、
私が知っている限りでは12ヶ国あります。
12個でコンプリートなのかな?
全部集めたくなる可愛さです。

こんな可愛いグラスでビールを飲んだら、一層おいしそうですね♪


これらのグラスは本日、online shopに掲載予定です。
他にもORANGINAのスタッキンググラスもUpします。
もしよかったら、可愛いグラスをご覧いただけたらと思います☆  


心臓がバックバク。

今日、フランスからダンボール2箱、荷物が届きました。
今回は、たくさんの壊れ物注意!なものを送ってもらったため、
自分でも信じられないくらい、開封に緊張しました。

年に2~3度、届いたものが割れていることがあります。

今回は特に、中身のほぼ全てがガラス製品。
届くのを待っている間も、割れて届かないことばかり祈っていました。

経験上、割れている時は、プチプチにくるまれている物を持った瞬間に、カサッと嫌な音がします。
そんな音がしないか、細心の注意を払いながら、カッターでエアーパッキンをほどいていきます。。。

自分でもなんでこんなに緊張するのかと、不思議に思うくらい、今回の開封作業は緊張しました。
無事に届いたか心配で、心臓がドキドキするほどの開封は初めてだったかもしれません。

そんな緊張の中の開封の結果・・・。


・・・。


無事に届きました~!!
良かったぁ~。

今日、無事に届いた中から、1点、ご紹介。



ペリエのグラス。
こちらは厚底のガラスで、どっしりとした重みがあるグラスです。
ペリエを注いで、レモンの輪切りとストローをさせば、お家でもカフェ気分♪
文字のフォントもとても素敵なグラスです。


ほかにもORANGINAやビールのクロネンブルグの可愛いグラスなどが届きました。
台風も温帯低気圧に変わり、天候もよさそうなので、
週末は写真撮影に励みたいと思います。


***


そして、先日、福島のカフェ、Merciさんへ納品へ行ってきました。
展示スペースがカフェの入り口付近に変わりました。
おととい、追加で雑貨を発送しましたので、近日中には店頭に並ぶかと思います。
紙もの系を送りましたので、紙雑貨好きの方は、(そうでない方も!)
是非、ご覧いただけたらと思っています。

Merciさんの情報は、facebookページから、是非、ご覧下さい♪

【Merci nord-est】(メルシー ノード イースト)
福島県福島市森合屋敷下1-9
Tel: 024-563-6755
Open:11:00~21:00
Holiday:水曜日
駐車場:有